スポンサーサイト

--/--/-- -- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
スポンサー広告

理性と本能

2015/07/08 Wed 

ろくの様子を見に行く、クー。
111215_010314.jpg
クー 「 ろっちゃん、具合はどう? 」



ろくがお薬でおとなしくなってしまっている間、
クーが運動不足になってはいけないと思って遊ばせようとすると、
クーは遊ぶ前に必ずろくのところに様子を見に行きました。

「 オレ、オモチャで遊んでもいい? 」 と聞いているようです。
ろくが 「 いいよ、遊びなよ 」 とメッセージを発すると
(どうゆう方法なのかは分かりませんが)、
クーは遊んでくれます。
でもろくが 「 クーちゃんひとりで遊ぶなんてずるい 」 と言うと
クーはオモチャで遊ぼうとしません。

それでも私が強引に、クーの本能を刺激するようなオモチャの動かし方をすると、
一瞬クーは本能に負けてオモチャで遊んでしまいます。
でもそのあと、ろくの顔を見て我に返り、
遊ぶのをやめてしまいます。
さらに私が遊ばせようと、またクーの本能をくすぐると、
まるで本能と理性のはざまで苦しむかのように、
「 がるるるる・・・ 」 と言ってカーテンに隠れてしまったりします。

猫にも感情があって、猫にも理性があって、
猫にも気持ちがあって、猫にも「つもり」があります。

猫だって、自分の大切な誰かのために
我慢することもあります。

「 猫なんだからわからないだろう 」 とか、
「 猫なんだからごまかしても気づかないだろう 」 とか、
そんなことはクーとろくには通用しないのです。


いえ、たわごとと思っていただいて構いません。

下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo&Roku

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。