クリスマス、年末年始と、
普段食べないものを人間たちが食べているのを見て、
どうしても美味しいものが食べたくなってしまったクー。
110929_4936.jpg
「自分達ばっかり美味しそうなもの食っちゃってさ・・・」



クーとろくには、好物の猫缶を開けたのですが・・・。
110929_4937.jpg
「お前らが食ってたのは猫缶じゃないってこと、
 解ってるんだぜ」



クーもろくもおしっこが不安定だし、
クーに関してはお腹も弱いので決まったご飯しかあげられないのです。
療養食のウェットもあるのですが、それはクーが好きではなく、
クーの好きな猫缶は療養食ではないので、
あまり頻繁&大量にはあげられません。


そして、クーは猫缶を貰っても
テーブルの上にもっと美味しそうな食べ物があるのが解るのか、
なかなか引き下がりません。



最終的には諦めて、拗ねたような顔をして見せます。
110929_4943.jpg
「オレ達のこと、大好きだって言うくせに・・・」



110929_4946.jpg
「ウソなんじゃないかって思っちゃうよ。
 同じものが食べられないなんて・・・」



ごめんね、クーちゃん。
大好きなのよ、本当なのよ。
110929_4948.jpg
「じゃあ、たくさんたくさんナデナデしてよ・・・」


ちなみにろくですが、
ろくは人間の食べ物には興味がありません。
ろくは自分のお皿に入っているのが自分のご飯だと思っているようです。

それでも、クーが欲しがる様子を見ると
「クーちゃんが欲しがるってことは、オレも食べれるものなの?」
といった顔をしながら、一緒になって鳴きます。
兄弟でもこんなに違うのが不思議なところです。


下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo