いざ、鎌倉へ。

2013/02/24 Sun 

※猫記事はひとつ下をご覧ください。

去年の11月21日、鎌倉・円覚寺。
まだ紅葉を撮るには早かったようです。

総門前。少し赤みがかっています。
121121_0991.jpg


山門。
121121_0995.jpg



しまった・・・。お堂の中の闇と、女の人の黒髪が同化してしまった。
121121_1002.jpg



本堂の裏の・・・ヒメツルソバというのでしょうか。
121121_1009.jpg
ちょっと青っぽくなってしまいましたが、
一面ピンクに染まっていました。



少し色づいている木々もありました。
121121_1019.jpg



鎌倉、面白いです。
121121_1080.jpg



去年の大河ドラマ「平清盛」、面白かったです。

私はもともと大河ドラマは見なかったのですが、
ポン助は毎年初回を見て面白そうなら2回目以降も見ています。
概ね一年おきに面白いのがあるそうで、
「平清盛」の前は「龍馬伝」を見ていて、
私も横からちらちら見ていて、なかなか面白いと思っていました。

「平清盛」も「龍馬伝」を超えて面白かったのですが、
私やポン助が面白いと思うものはなかなか視聴率が良くないらしいです。
あんなに面白かったのにもったいない・・・。

DVDとか、スカパーなどで再放送があったりとか、
NHKオンデマンドなどでもっと多くの人に見てもらって、
後々評価が上がることを祈っています。



その「平清盛」ですが、語り部が源頼朝なのです。
「え?」って思いません?
でも、最後まで見ていくと、なるほど、と想像がつきます。
終盤では頼朝側が鎌倉の都を造っていこうとする様子も描かれます。
「平清盛」では、「なんとも皮肉なこと」がたくさん描かれています。


ちょうどドラマも終盤だったこともあり、
なんとなくそんな皮肉な話を思いながら鎌倉を歩くと、
これまでとはちょっと違った気分でした。
そうそう、NHKの歴史番組で鎌倉のことを取り上げていたのを見たのもあったかな。


とにかく鎌倉は面白いです。


鎌倉写真、少し続きます。

下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
その他