※猫記事はひとつ下をご覧ください。

8月1日、江ノ島水族館で撮影した写真の続きです。


小さな水槽にいたマツカサウオ。
120801_5803.jpg



他の小さな水槽にいた、ウマヅラハギ(たぶん)。
120801_5810.jpg



乱舞するクラゲ。
120801_5833.jpg
パシフィックシーネットルというのでしょうか。



オーソドックスなミズクラゲ。
120801_5842.jpg
台風などの後に隅田川沿い(下流のほう)の遊歩道を歩いていると、打ち上げられていることがます。
その後カンカンに晴れると、黒っぽくなって遊歩道に丸くて黒いシミができます。
最初は何のシミだか解らなかったのですが。
生き物の跡だったのですね。




名前わかりませんが、北のほうの海にいるのでしょうね。
120801_5854.jpg
フサギンポという名前かも?
フサがついているギンポということですね。



カラフルな魚たちがいる水槽。
相模湾でも時折見られることのある魚達がいます。
120801_5900.jpg



その水槽の中。
スミレナガハナダイといったかな?別名サロンパス。
120801_5861.jpg
わき腹にサロンパスを貼ったように見えるため、サロンパスと呼ばれていたような・・・。
この写真で見るとハートマークに見えますね。



同じ水槽。ベラの仲間でしょうか・・・。
120801_5903.jpg
何ベラかはちょっと・・・わかりません。
たしか水族館のパネルで確認したように思うのですが、
忘れてしまいました。



こちらも魚の名前、忘れてしまいました。
120801_5923.jpg
ホンソメワケベラにエラの中を掃除してもらっているところなのですが、
肝心のホンソメワケベラが水槽のガラスから見て反対側のエラのほうにいて、写っていません。
なんとか回りこんで魚の前面から撮りましたが、
エラにすっぽり隠れてしまって見えていません。


でも、エラの掃除をしてもらって気持ち良さそうなのは伝わるでしょうか。
エラが膨らんでいて、その下にほんのちょっとだけホンソメワケベラの青いのが見えています。



これは、とても小さな水槽の中に一匹だけでいました。
コンゴウフグというハコフグの仲間でしょうか。
120801_5884.jpg
とても小さな水槽に一匹だけ・・・というのは、
なんだか寂しそうで可哀想な気がしてしまったのですが・・・。
魚はそんなふうには感じないのでしょうか・・・。


下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
猫、犬、魚、鳥・・・動物