猫との会話

2012/10/23 Tue 

「だ~いすき」と言われるのが、大好きなクー。
110412_5878.jpg
「ダイスキって言って。うっとりした顔して言って」



「だ~いすき、だいすき、だいすきっ!」と、
言い方や声色を変えて、何度も言います。
110412_5880.jpg
「たくさんナデナデして、言って」



「か~わいい」という言葉も大好きです。
私が部屋に入って最初にクーとろくの顔を見たときに、
「うわ~、か~わいい!」と言わないと、物足りなさそうな顔をします。
110412_5881.jpg
「あれ?今日は『 きゃあ、可愛い! 』って言わないの?」




「ありがとう」という言葉は、意味が解らないようです。
「たくさん遊んでくれて、ありがとう」とか、
「ペロペロしてくれて、ありがとう」とか、
「ろっちゃんに優しくしてくれて、ありがとう」とか言っても、
クーはキョトンという顔をします。
110412_5882.jpg
「ありがとうって、どうゆうこと?
 オレがろっちゃんをペロペロすると、
 ろっちゃんもオレをペロペロしてくれるのと同じことなのかニャ?」



「ごめんね、ごめんね」と謝っていると、ペロペロしてくれます。
「大丈夫だよ、気にすんな」と言ってくれているようです。
110412_5883.jpg
「大丈夫だよ、気にすんな」



「大丈夫?」というのが心配していることだというのが解るようです。
私やポン助が「ろっちゃん、大丈夫?」と言っていると、
クーはろくの様子を見に来ます。
110412_5885.jpg
「そりゃそうだよ。ろっちゃんのことが心配だもの」



なんだかまるで、毎日猫たちと会話をしているようなつもりになってしまいます。



ところでクーちゃん、水玉模様の上に、しましま模様のクーちゃんだね。
110412_5886.jpg
「そうゆうややこしい言葉は、オレ、よく解んね・・・」


下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo