昨日の記事で、猫から見た景色はどんなだろう・・・などと書きましたが・・・。


猫の目には赤が認識できず、
焦点が合う範囲が人間よりずっと狭く、
解像度を低くする代わりにシャッタースピードを上げた・・・とするならば。


タワーの上にいるろくが、
下からちょっかいを出しているクーを見ると・・・。
101030_1501.jpg
「えーい、ろっちゃんめ!」

 ↓ ↓ ↓

赤みはなく、焦点が合っている部分以外はこんなふうにモザイク状かしら?
101030_1501_2.jpg
※赤みは低くしていますが、見難くなるために完全には抜いていません。


それとも、モザイクはこんな感じ?
101030_1500_2.jpg
「パンチするどー!」


はたまた・・・。
101103_1670.jpg
「がるるるる・・・。ろっちゃんめ」

 ↓ ↓ ↓

モザイク状ではなくて、ボヤッとしているだけかしら・・・。
101103_1670_2.jpg


あるいは・・・。

101103_1671.jpg
「むぅ、ろっちゃんめ!」

 ↓ ↓ ↓

重要な部分以外は情報が単純化されて、平面的に見えているのかしら・・・。
101103_1671_2.jpg
「ポン太のやつ、またしてもボツ写真を姑息な手で活用しやがって・・・」


下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo

耳の色

2011/10/30 Sun 

さあ、ろっちゃん。そろそろ遊びは、終わりにしようか?
101106_1763.jpg
「えっ、もう?なんで?」



だってろっちゃん、お耳が真っ赤だよ。
少し興奮しすぎじゃない?
101106_1763_2.jpg
「え?お耳?真っ赤?」



101106_1764.jpg
それはポン太がこの写真を色調補正したからでしょ。
 お耳の色でオレが興奮してることが解っちゃうの?」


そうだよ。
ろっちゃんみたいに白いニャンコは、
熱があるときも耳が真っ赤になっちゃうんだって。
101106_1764_2.jpg
「でも、オレ、赤ってどんな色かわかんないよ・・・」


猫の見え方は、人間の目で見る見え方とはだいぶ違うのだと思うけれど・・・。
いったい、クーとろくにはこの世界はどんなふうに見えているのでしょうね。

下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Roku
めずらしくクリクリ目のクー。
101103_1608.jpg


クリックリ。
101103_1609.jpg



クーをクリクリお目目にしてくれた、ムクドリさんに感謝。
101103_1612_s.jpg



このときはカメラに反射した光(偽ニャンだろう)を見つめていたクー。
101106_1731.jpg


・・・じゃなくて、カメラに反射した光がどこかにないかと探しているところでした。
101106_1732.jpg
「ポン太がカメラを構えてるってことは、
 あの光がどこかにあるはずなんだけどな・・・」



101106_1733.jpg
「今日はアレ、ないのかニャ・・・」



101106_1735.jpg
「なんでアレがあるときと、ないときがあるのかニャ・・・」


しばらくの間は、夜でも私がカメラを構えると、
クーもろくも、偽ニャンだろうが天井や壁にあるのではないかと探していました。
条件反射・・・でしょうかね。
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo
あれ?ろっちゃん。
ひなたぼっこしてたのに、やめちゃったの?
101106_1745.jpg
「ふにゃ?」



101106_1746.jpg
「ちょっと、暑くなりすぎちゃってさ」



101106_1747.jpg
「いくらお日様大好きなオレでも、
 この強烈な日差しに長時間は当たってられないよ」



101106_1748.jpg
「だから、ポーッとしてきたら、こうして日陰に入って、
 しばらくしたらまた日なたへ行くんだ」



101106_1750.jpg
「日なたぼっこにも、いろいろ工夫が必要だよ」


ふぅ~ん。
なんだか、人間のサウナみたいね・・・。
(ま、私はサウナはそうゆう入り方しないけど)


101106_1751.jpg
「ん・・・?サウニャ?」



101106_1750_2.jpg
「サウニャって、何だろ?」

下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Roku
去年、仕事の納期と大学の試験が重なってしまい、ハードな日々を過ごしていたポン助。
納品を済ませ、試験も終わると、それまでの疲れがどっと出て、
本気の昼寝をすることに。

すると・・・。

このころはまだポン助に心を許さないような顔をしていたクーが、
なんとポン助の布団に自ら入っていきました。
101106_1718.jpg
「こいつ、なんか知らんがずいぶん疲れてるみたいだからニャ。
 たまには優しくしてやらないと・・・」
 ↑
ポン助の顔はモザイクで見えませんが、
普段はポン助に距離を置いているクーに優しくしてもらって、
至福の表情をしています。



クーの表情は少しカタイみたいだけど・・・。
101106_1719.jpg
「ポン助、昼間家にいないことが多いけど、
 いっつもお外で何やってんのかな」



101106_1720.jpg
「この縄張りをまもるために、お外の敵と日々戦ってるのかニャ・・・」



101106_1722.jpg
「ポン助がお外の敵にやっつけられたら、
 今度はオレが闘わんばかんのかニャ・・・」



101106_1723.jpg
「時々、お外の敵がおうちの中に入って来るかんな・・・。
 その時は、オレがろっちゃんを守らんばかん・・・!」



と、ろくもポン助のところにやって来ました。
101106_1724.jpg
ろく「オレだってポン助を心配してるよ!」
ポン助「ありがと、ろっちゃん」


101106_1725.jpg
クー「なんだかんだ言って、ポン助がダウンしたら、オレ困るニャ・・・」



さて、クーとろくに添い寝して貰ったポン助は、元気を取り戻して・・・。
101106_1726.jpg
ポン助「クーちゃん、ありがと」



101106_1730.jpg
ポン助「ろっちゃんも、ありがとうね」
ろく「元気が出たなら、また遊んでね!」


ちなみに現在ではクーはすっかりポン助にも心を許していて、
むしろ私よりポン助のそばで眠ることのほうが多いくらいです。
ポン助が疲れていると、さりげな~く近くへ行って寝そべったり丸まったりして、
「オレのこと、撫でてもいいぜ」と言っているようです。
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo&Roku

ひとつテーブルの下

2011/10/26 Wed 

ろくが掃除機からテーブルの下に避難していたところ、クーも同じ椅子の上に。
101105_1703.jpg
クー「ろっちゃん、オレもここに避難させて」
ろく「ちょっと狭いけど、まあいいよ」


久しぶりのテーブルの下のツーショット。
掃除機を目で追うろく。
101105_1704.jpg
ろく「あいつ、押入れに帰って行くのかニャ?」


101105_1706.jpg
ろく「それにしてもあの脚、どうニャってるんだ?」



101105_1707.jpg
ろく「あっ!ひっくり返った!」



101105_1711.jpg
ろく「ひっくり返ったまま、ポン太に引きずられてるよ!」



101105_1712.jpg
クー「ろっちゃん、ポン太の正体見たり・・・だな」
ろく「えっ!?ど、どうゆうこと!?」



101105_1713.jpg
クー「ひっくり返った小動物を、そのまんま引きずって歩くなんてな。
   ろっちゃんも転んでひっくり返った時は、気をつけれよ」
ろく「ガクガク・・・ブルブル・・・」



101105_1714.jpg
クー「あの掃除機の運命や、いかに・・・」
ろく「掃除機さん・・・、お大事にね・・・」

下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
なかよし

観察する猫

2011/10/25 Tue 

押入れから掃除機が出てくると、ここへ避難するろく。
101105_1697.jpg
「今日も出たぞ、あの騒々しいヤツ」



101105_1699.jpg
「掃除機って名前だっけ」



101105_1700.jpg
「あいつ、どこに目がついてるのかニャ・・・?」



101105_1701.jpg
「どっからが頭で、どっからが体なんだろうニャ・・・?」
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Roku

今シーズンは・・・?

2011/10/24 Mon 

去年は9月26日には最初の猫団子を作っていたのに、
今シーズンはまだ一度も猫団子を作っていないクーとろく。


去年の秋。
101104_1673.jpg


腕を絡ませて・・・。
101104_1675.jpg


=======================

ひとつ椅子の上で。
101104_1676.jpg
クー「ろっちゃん」



101104_1677.jpg
クー「オレの尻尾、踏まんでくれるか?」


===================================

朝、私がなまけて遅くまで布団を敷きっぱなしにしていると、
猫達の喧嘩・追いかけっこが盛り上がる。

101105_1690.jpg
「このお山の向こうにクーちゃんがいるニャ」


101105_1692.jpg
「クーちゃんが来たら脅かしてやろう!」



選手交替で、クー。
101105_1693.jpg
「ろっちゃんめ。今度はオレが脅かしてやるんだ・・・」



101104_1672.jpg
ろく「そうは行ぐがーー!」
クー「あれ、バレてたの?」


=================================

喧嘩で盛り上がっても・・・・。


101105_1681.jpg


最後は猫団子。


==================================

今シーズンは、見られるでしょうか?

下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo&Roku

いつまでも待てるか?

2011/10/23 Sun 

ポン助に促され、恐竜さんがクーの前にやってきました。
101103_1645.jpg
恐竜さん「クーちゃん、お久しぶり。お手柔らかにね」
クー「おう、お前ぇか」



しかし、久しぶりの対面だというのに恐竜さんに興味を示さないクー。
101103_1646.jpg
恐竜さん「ク、クーちゃん?」



何かに気を取られています。
101103_1647.jpg
恐竜さん「クーちゃん、考え事?いつもみたいにパンチとか・・・」


クーが気を取られているのは、昨日のろくと同じく、
カメラに反射して壁に映った小さな光でした。



101103_1648.jpg
恐竜さん「上に何かあるの?僕、上見れないんだけど・・・」



がっつり上を見ているクー。
101103_1649.jpg
恐竜さん「クーちゃんてば・・・」



ん?今度はこっち?
101103_1652.jpg
恐竜さん「ねえねえ、クーちゃんってば・・・」



101103_1653.jpg
クー「おう、かわいい恐竜ちゃんよ、ちょっと待ってな。
   お前ぇはあとでた~っぷし可愛がってやるからな」
恐竜さん「ほ、ほんと?」



101103_1654.jpg
クー「おうよ。だから、今はちょっと待ってな」
恐竜さん「信じていいのね?」



101103_1658.jpg
恐竜さん「クーちゃん、アタシ、待つわ」



101103_1658_2.jpg
恐竜さん「たとえあなたが振り向いてくれなくても」



101103_1667.jpg
恐竜さん「待つわ、待つわ」



101103_1661_2.jpg
恐竜さん「いつまでも 待つわ・・・」



101103_1668.jpg
「そんなに待てるかっ!」

下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo
ある晴れた日、ろくを撮ろうとしていると・・・。
101103_1627.jpg
「およ?」



101103_1628.jpg
「はにゃ?」



101103_1634.jpg
「どうして昼間なのにニャンだろうがあるの?」



※ニャンだろうとは、暗い部屋の中で、弱い光線を出して遊ぶ猫のオモチャです。
 光の点を猫が追いかけます。
※カメラに太陽の光が反射して、天井や壁に映っていた光の点を、
 ろくはニャンだろうだと思ったようです。


101103_1622.jpg
「でも、いつもと動きがちょっと違うよ?」



101103_1621.jpg
「本物のニャンだろうかニャ?ニセモノじゃないのかニャ?」


下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Roku
 | HOME | Next »