砂まじりの・・・

2011/09/30 Fri 

先日、私達が住む地域を強い台風が通り過ぎていきました。
かなりの風と雨だったため、ただでさえ警戒気味だったクーとろくですが、
ちょっとしたアクシデントがあり、猫達はますます怖がってしまいました。

とくにクーは、3月11日の地震のときと同じ鳴き声を発し、
アクシデントが去っても緊張していました。
「大丈夫だよ」と撫でると、甘えるようなしぐさは見せましたが、
雨風の強かった2~3時間は、外の様子をずっと警戒していました。


野良として1年近く生活していたクーとろく。
家猫になってから、あの大地震を経験したクーとろく。
自然の力は、人間にはどうにもできないことを知っているようです。

101025_1387.jpg
「オレ、ポン助とポン太を信頼してないわけじゃないんだぜ」



101026_1397.jpg
「だけどオレ、ちゃんと知ってるんだ。
 自然の力は、猫にも人間にもどうにもできないってこと」



101026_1399.jpg
「だから、ポン太が 『 大丈夫よ 』って言ってくれるのは解るけど、
 オレはオレなりに警戒してなくちゃならないんだ」




台風一過の翌日、窓にもベランダにもベッタリと砂がこびりついていました。
外へ出てみると、街中が砂だらけでした。

101026_1393.jpg
「たいふういっか・・・?
 お父さん台風とお母さん台風とお兄ちゃん台風と・・・ぼく台風?」



101031_1504.jpg
「ポン太のやつ、それが書きたかったんだな・・・。
 ろっちゃんにくだらないこと言わせるなよ」


あっ、いや、その・・・。むにゃむにゃ・・・。

=================
追記です。

昨日の記事、あニャたがくれた夜で、
クーがわきの下に来てくれないと書きましたが、
昨夜、夜中に目が覚めると、クーがトコトコトコ・・・・と歩いてやってきて、
私の布団で隣に寝てくれました。
慌てて腕を出すと、腕枕はしませんでしたが、
体側に沿って眠ってくれました。
嬉しいのと眠いので、夢だったか夢じゃなかったかよくわからないのですが、
やっぱり夢ではなかったと思います。


それにしても・・・。
クーちゃん、まさか、このブログ読んでるの?


※ちなみに、最近ろくは夜中、ポン助のわきの下でフミフミしているようです。
 私が熟睡してるから、ポン助のほうに行くのかな?
 また私のわきの下にも来てね、ろっちゃん。
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo&Roku
去年の冬から今年の春、引越しをするまでは、
クーは夜、私のわきの下で眠ってくれていました。
101024_1377_2.jpg


(マスクをしているのは、写真を撮るためではありません。
 毎晩マスクをして寝ています)


左腕を広げて、布団を捲っておくと、クーが来てくれます。
101024_1379.jpg
「これはなかなか、寝心地がいい枕だな・・・」



大音量でゴロゴロゴロ・・・と喉を鳴らします。
(耳栓をして寝ていますが、ゴロゴロは聞こえます)
101024_1380.jpg
「ゴロゴロゴロゴロ・・・・」



普段は潜るのは怖がるクーですが、
頭が出ているのでそっと布団をかけてあげても大丈夫です。
101024_1381.jpg
「あったかいニャ・・・」


寝返りは打てませんが、幸せな夜・・・。
101024_1383_3.jpg
「ゴロゴロゴロゴロゴロ・・・・」
※モザイク処理したものの、オバケみたいな顔になったので急遽グレーで塗りつぶしました。
※モザイク処理しなくてもオバケみたいかもしれませんが;;


ちなみにろくは、クーがわきの下に来てくれるようになって数日後くらいから、
わきの下に来てくれるようになりました。
ろくはポン助のわきの下も好きなので、
私のわきの下とポン助のわきの下を行き来していました。


==================================

・・・と、さも幸せそうな記事を書いていますが、
引っ越してからというもの、クーは私のわきの下や枕元に来てくれなくなってしまいました。
「暑い時期だからかな?」と思っていたのですが、
ここ数日、気温が下がっても、布団には来ても、わきの下には来てくれません。

そういえば、引っ越し後は私がナデナデしても、
クーはあまりゴロゴロしなくなってしまいました。
以前は私の顔を見ただけでゴロゴロと大音量で喉を鳴らしていたのに・・・。
(ろくは相変わらず鼻をブルルッ、ブルルッと鳴らします)

毎朝、夜の間クーが来なかったことを思い出しては、
なんだか失恋したような気分になってしまいます。
いえ、朝だけではなく、クーはもう私のこと好きじゃなくなっちゃったのかな、
なんて考えると、自分でも笑ってしまいますが泣きそうです。

泣きそうですが、贅沢を言ってはいけませんね。
クーとろくとひとつ屋根の下で暮らせているだけで、幸せなんですから。



いつかまた、こうしてわきの下に来てくれるかな・・・。
101024_1377.jpg
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo

クーの写真

2011/09/28 Wed 

クーの熟女のポーズ。色っぽいうしろ姿(上姿と呼ぶのか?)。
101017_1331.jpg



ポン助の枕にもたれて・・・ぶぶっ顔。
101021_1343.jpg


これは・・・何顔と呼ぶのか?
101021_1344.jpg



クーは時々、楳図かずおみたいな顔・・・じゃなくて、
楳図かずおが描く漫画に出てくる人の顔みたいな顔をします。
101022_1351.jpg


でもよくよく考えてみると、楳図かずおが描く人の顔が思い出せません。
先入観かもしれません。全然違っていたらごめんなさい。
101022_1352.jpg
「楳図かずおの顔ならわかるんだけどね・・・」



疲れ果てた(?)クー。
行き倒れているところに毛布をかけてもらいました。
101023_1369.jpg



夜、私が寝るのを待っていてくれるクー。
101024_1374.jpg



鳥さんのポーズ。
101024_1375.jpg
「全然鳥さんに見えないけどニャ」



なぜこれが鳥さんのポーズなのかは、また後日。(と言いつつ、忘れそう)
101024_1376.jpg
「そんなことより、ほとんど変わり映えのしない写真を3枚も使うもんじゃねぇぜ・・・」

そうね。
3枚のうちどれか1つを選ぶべきだよね。
でも、本来ボツにすべき写真を捨てられないのがバカ飼い主の悪い癖・・・。
今に始まったことじゃないけれどね。
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo

ろくの写真

2011/09/27 Tue 

ろく。耳のうしろが痒いの?
101015_0001.jpg



ろく。ボヤッとしてしまいました。
101015_0005.jpg


そのまま見上げて・・・
101015_0006.jpg


視線を落とします。
101015_0007.jpg



早朝のろく。物思いに耽ってる?
101021_1342.jpg


====================================================

クーと一緒に寝ていたのだけど、
気がついたらクーだけ先にベッドから出ていました。
101022_1353.jpg
「あれ?クーちゃんがいない・・・」



101022_1354.jpg
「置いてかれちゃったのかニャ・・・」

下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Roku

カブリツキタイ

2011/09/26 Mon 

ク、クーちゃんっ!なんてこと!
101014_0080.jpg
「がぶぅ~・・・」



ろっちゃんのことが好き過ぎるからって・・・!
101014_0081.jpg
「ふが、ふが」



スゴイ顔になってるよ・・・。
101014_0082.jpg
「がるるるる・・・」


ろっちゃんは気づいてなかったみたいだけど・・・;;
101014_0084.jpg


首の後ろは、痛くないのね・・・。
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
なかよし
ケンカ中。


101013_0076.jpg
クー「むむ、ろっちゃんめ!」



101013_0078.jpg
クー「オレが優しくしてると思ってつけ上がりやがって・・・」



101013_0078_2.jpg
クー「兄の強さを見せてやるっ!」



101013_0079.jpg
「がしっ!」


体の大きさや力の強さではクーが勝っているけれど・・・。
すばしっこくて小回りがきくのはろくのほう。
負けん気の強さでもろくがクーを大きく上回っている。


ふふふ。でもね、それだけじゃないのよ、クーちゃん。
惚れてるほうが、負けなのよ。
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
兄弟喧嘩
引っ越し前は、夜、私が寝るのを布団で待っていてくれたクーとろく。
私が布団に入ると二人して私のそばへ来てくれて、嬉しかったなあ。

それが引っ越し後はなぜか私が電気を消して布団に入ると、
俄然やる気が出てきて大運動会を始めるようになってしまった。
ポン助が猫達を止めるのだけれど、
猫達にしてみればここが集合住宅で、
階下や隣に他の人間たちが暮らしていることなんて想像もできない。
だからクーは不思議そうな顔をしてポン助を見上げるけれど、
気にしないろくに誘われてまた追いかけっこを始めてしまう。

そう、人間が夜眠る動物だということも、
隣近所に他の人が暮らしていることも、
猫達にとっては想像の範疇を超えているのだ。



101012_0072.jpg
ろく「またあいつら、夜になると布団を敷いて、ガッツリ寝る気だな」
クー「夜寝るから、昼間眠れないんじゃないか」



101012_0074.jpg
ろく「昼間オレ達が寝てるときにドタバタ活動しやがって。
   掃除機とか、夜中にやってくれよな」
クー「そうだよな。
   それに、この床の下や壁の向こうに他のニャンコが住んでるかもしれないんだぜ」



101012_0075.jpg
ろく「あいつら、ニャンコが昼間寝る動物だってコトも、
   隣近所に他のニャンコが住んでるかもしれないってことも知らないんだな」
クー「しょうがねぇ。そうゆうことは、ヤツラの想像の範疇を超えてるんだろ」



・・・・なんてね。

下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo&Roku
前にも書いたネタですが・・・。
勾玉のポーズ。
101011_0035.jpg


黒勾玉のクー。
101011_0038.jpg


白勾玉のろく。
101011_0039.jpg


========================================

ろくの動きを見ているクー。
101011_0047.jpg
「むむ、ろっちゃんめ。油断してるな?」


========================================

目覚まし時計とクー。
101011_0049.jpg
「朝、これが鳴ったらポン太が起きて、朝ごはんの仕度をしてくれるんだ」


そうね、だからクーちゃん、ボタン押しちゃダメよ?
101011_0051.jpg
「早く鳴らないかな・・・」


ク、クーちゃん、まだ夜なのよ?
101011_0054.jpg
「早く朝ごはん、食べたいな・・・」


=========================

クーの背中に手を当てているろく。
101012_0060.jpg


好きなのね・・・。
101012_0061.jpg


=============================================

ろく。「三つ指ついてお出迎え」のポーズ。
101012_0069.jpg
「お帰りニャさいませ」
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo&Roku
※猫のウ○チネタです。
 読みたくない方はスルーしてください。


101011_0028.jpg
「ねえ、クーちゃん。さっきポン太、何をゴソゴソしてたのかなあ?」



101011_0026.jpg
「オレ達のウ○チ、アルミホイルに包んでたんだよ」



101011_0029.jpg
ええええーーーーっ!
 ウンツィーをアルミホイルにぃぃぃいいいい!?

 やっぱりあいつら、変態だったのか!



101011_0027.jpg
「アルミホイルに包んで病院に持っていくと、いろいろ調べてもらえるんだって」



101011_0030.jpg
「ポン太もポン助も、オレ達がウ○チするたびにいちいち喜ぶし、
 ウンチ見て 『 かわいいウ○チだねぇ 』 なんて言うし、
 挙句の果てはアルミホイルに包むなんて・・・どうゆう趣味してるんだ」



101011_0032.jpg
クー「ま、それでお腹の状態もある程度わかるみたいだしニャ」
ろく「そのうえ知らない人にオレ達のウ○チ、じろじろ見られちゃうなんて・・・ぁぅ」



※3枚目の写真は、あくびをしているところです。
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Qoo&Roku
少し前に、ろくがカーテン遊びにハマっていて、
ポン助が帰ってくるとカーテンへ直行していたという記事を書きましたが・・・。


カーテン遊びにハマる前は、夜ポン助が帰ってくると、
「おかえり」の挨拶もそこそこにトイレの後ろに隠れてしまっていたろく。
その理由が解らず、ポン助は「オレ、嫌われてるのかなぁ・・・」と、
本気で悩んでいたのですが・・・。


101010_0012.jpg
「もう、ポン助は鈍感だなあ」



101010_0013.jpg
「はやく 『 ニャンだろう 』 で遊んでよ」

※『ニャンだろう』とは、猫のオモチャで、光線を出して遊ぶものです。
※光線と言っても、それほど強いものではありません。



101010_0014.jpg
「前にここに隠れたら、 『 ニャンだろう 』 で遊んでくれたでしょ?」


一度、トイレを片付けたタイミングで、
ろくがトイレの後ろに入って出てこなくなってしまったことがありました。
その時、ポン助がろくの大好きなニャンだろうで気を引くと、すぐに出てきてくれました。
ろくは一度あった 『 いいこと 』は、すぐに覚えてしまうようです。


それ以来しばらくの間は、ポン助や夜家に帰ると、
ろくはトイレの後ろに隠れ、困ったポン助が「ニャンだろう」で
ろくを誘い出す・・・というのが続きました。


101010_0015.jpg
「どんなに疲れてても、帰ったらオレと遊ぶのがポン助の仕事でしょ」


ポン助が帰る前にも、私と(ニャンだろうも含めて)散々遊んでいても、
ろくはポン助の顔を見ると「あ!ニャンだろうの人!」と思うようでした。
普段私と遊ぶ時間のほうが長いので、ポン助と遊ぶと新鮮な感じがしたのかもしれません。



101010_0010.jpg
「たくさん遊ぶから、疲れちゃうニャ・・・」
下記のランキングに参加しています。

・FC2 Blog Ranking
▲ クリックして応援していただけると励みになります。
Roku
 | HOME | Next »